Top Ad unit 728 × 90

マルイチベーグルを初めて訪れる人に伝えたい利用時のポイント

今回は、白金で人気のベーグル専門店のマルイチベーグルを初めて訪れる人のために、マルイチベーグルを利用する時のポイントをご紹介します。

はじめに、なぜこのような記事を書く気になったかと言いますと。ここ最近、週末のマルイチベーグルにかなりの行列ができているからです。

その行列が進まない一因として、ど素人、あっ失礼しました、ど素人ではなく初めてマルイチベーグルを訪れるお客さんに対し、お店のスタッフが丁寧に注文の仕方を説明していることがあります。

なので。その説明の手間をこの記事で多少なりとも省くことができれば、それによって「行列も少しは早く流れるのではないか?」、とそんな考えでこの記事を書くことにしたのです。

マルイチで買えるもの

まずマルイチベーグルで買えるものですが、次の通りです。
  • ベーグル単品
  • ベーグルサンド
  • コーンブレッド(ない日もある)
  • バナナケーキ(ない日もある)
  • チーズケーキ(ない日もある)
  • コーヒー(ホットは大・小のサイズで別料金)
  • その他ドリンク(ジュースなど)
  • そのほかの食べ物・食材など(オイル、はちみつ、岩塩など)
ざっとこんなところです。これらのうち、人気なのはやはりベーグル単品とベーグルサンドとなります。

またコーンブレッドなどのお菓子系のサイドメニューも美味しいです。なので、ベーグルだけでは食べ足りなくなりそうな人は、サイドメニューの商品をセットで買うのもオススメですよ。

単品の場合は行列に並ばなくて良い(はず)

次に。マルイチベーグルにできている行列は、ベーグルサンドの注文をしたいがために並んでいる客です。なので、ベーグル単品を買うだけの場合は、その行列を無視して店内に入り、注文することができます。

ただし。本当に店内が混雑し過ぎている場合は、この限りではない可能性もあります。なので、その場合はちょっと手の空いたスタッフに、「ベーグル単品だけなんですけど並ぶ必要がありますか?」と聞いてみると良いでしょう。恐らく並ばずにすぐ買えるはずです。

ベーグルサンドの注文のポイントは、生地・具・具の量・切り方

次にベーグルサンドの注文のポイントは、次の通りです。
  • 生地
  • 具の量
  • 切り方
まず生地ですが、これはどの種類の生地のベーグルにするかを選ぶと言うことです。たとえば、プレーンであったり、セサミであったり、シナモンレーズンと言った具合ですね。また生地は、種類によって作りたてで熱めの生地がある場合もあります。

その場合、熱めの生地と冷めた生地のどちらが良いかを確認されます。ちなみに熱めの生地は食感が柔らかく、冷めた生地とは違った美味しさがあります。

またセブングレインハニーの生地を選んだ場合は、フィグ(イチジク)入りと、フィグなしの2つから選択することになります。甘めの味が好みであれば、フィグ入りを選ぶとよいですね。

具と具の量を決める

具は、ベーグルサンドに挟む具の種類を選ぶと言うことです。その具として、主にクリームチーズ系の具、サラダ系の具があります。また1つのサンドで、2種類や3種類など、複数の具を選ぶこともできます。ほかトッピング用の具として、スモークサーモンのようなオプションの具もあり、お好みで追加しても美味しいですね。

具の量は、レギュラーとハーフの2種類があります。ハーフは、レギュラーの半分の量となっています。女性であれば、ハーフの量の具のベーグルサンドを1つ食べれば、まずお腹一杯になることでしょう。ちなみにレギュラーの量の場合は、2人で食べてちょうど良いくらいのボリューム感となります。

2種類の具を選んだ場合は切り方を決める

切り方ですが、これは1つのサンドに具を2種類選んだ場合に発生する選択肢です。

その切り方を説明するために、サンドの具にポテトサラダとクリームチーズの2種類を選んだ例で考えてみましょう。このベーグルを真っ二つに分けて切る際に、「具が混ざるように切りたいかどうか」、または「そうしないか」を選択できると言うわけです。

説明がややこしいので、補足のためにポテトサラダとクリームチーズの例で考えますと。ベーグルサンドを2つに割ったその片側に、ポテトサラダとクリームチーズの具の両方が入るように切りたいか、それともポテトサラダはポテトサラダ、クリームチーズはクリームチーズとなるように切りたいか、と言うことですね。

混ぜたい場合は、「混ぜて」もしくは「両方入るように」とスタッフに伝えれば、そのように切ってもらえます。ちなみに、ちょうどこの記事のトップの写真が、2種類の具を混ぜるように切ってもらったベーグルサンドです。断面を見るとクリームチーズとポテトサラダの具が混ざってることがわかりますね。

1つのベーグルサンドを二人でシェアしつつ、どちらの具も楽しみたい時は、「混ぜて」切ってもらうと良いですね。

コーヒーはセルフサービス

最後に、マルイチベーグルでは、ドリンクとしてコーヒーを買えます。そのコーヒーとして、ホットコーヒーと夏場はアイスコーヒーを買うことができます。コーヒーを買いたい時ですが、カウンターの反対側にコーヒーサーバーとカップがあるので、自分で注いで買うことになります。つまりセルフサービスで買うことになりますね。

ホットコーヒーには、カップのサイズが 大・小2種類あり、その大きさによって料金が違います。アイスコーヒーは、カップのサイズが1つしかありません。

コーヒーにミルクを入れたい場合は、 コーヒーサーバーの下の冷蔵庫の中に紙パックの牛乳があります。なのでそれを使ってください。牛乳の利用にあたり追加費用は発生しません。

ざっと、こんなところですかね。それでは、この記事を参考に初めてのマルイチベーグルを楽しんでくださいね。
マルイチベーグルを初めて訪れる人に伝えたい利用時のポイント Reviewed by blogger on 17:51 Rating: 5

0 件のコメント:

All Rights Reserved by 旧・白金ライフ © 2014 - 2015
Powered By Blogger, Designed by Sweetheme

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

Powered by Blogger.